格安・コスパ抜群の動画制作なら / 動画制作 モスキー


格安・コスパ抜群の動画制作なら / 動画制作 モスキー

動画制作モスキーだから実現できる
オーダーメイドクオリティ / コストパフォーマンス
動画制作モスキー 事業案内動画
これを見れば「なぜモスキーが選ばれるのかがすべてわかる」スペシャル動画公開中!
まずはこちらをご覧ください。

動画制作とは!?

動画制作という言葉を聞くことが最近多くなりました。その意味は読んで字のごとく「動画を作る」こと。昔から誰もが知っている言葉です。では今さらなぜその「動画制作」と言う言葉が注目されているのでしょうか。

かつて「動画」といえば「TV」や「映画」でした。力を持った放送局が作る番TV組や、資産を持つ企業が打ち出すTVCMなど、一部の限られた企業だけが手を出せるコンテンツであったのです。

しかし、ここ10年でYouTube等の動画サイトの浸透により、動画ははるかに身近なものになりました。個人が制作し、個人がYouTube等にアップすることで誰でも「動画を発信」出来る時代になったのです。それはマーケティング業界でも「動画広告」という形で革命を起こしました。

動画広告のプライオリティは年々増加しております。多くの企業は紙媒体・TV媒体の他にYouTube等のWeb動画マーケットを重要な市場だと位置づけ、様々なPR動画を制作しております。視聴者もテレビ離れが進み、スマートフォンやWebでの動画閲覧に多くの時間を割くようになりました。必然的な流れとしてTVCMの市場規模は縮小を続け、反面、動画広告全体の市場規模は増加し続けています。大企業は早々とそこに目を付け、動画広告を制作し(厳密には広告代理店や制作会社に発注)、多大な効果を上げています。しかし多くの中小企業は面倒でコストのかかる動画制作を後回しにしてしまっている現状があります。

動画撮影自体は今やスマートフォンのカメラで簡単に行えるので「動画制作」も簡単に出来ると考える方がいるかもしれません。むしろ、ほとんどの方がそう考えるのではないでしょうか。確かにそれは正解だとも言えます。

しかし「人の心をつかむ、効果のある動画」を制作するとなると、実はそれなりに大変なのです。


動画制作とは時間を制作するということ

動画を制作するにあたって。限られた時間の中で、絵と音声と文字をバランスよく、人の心を掴むタイミングで演出させることがとても重要で、そのさじ加減ひとつで効果的にも逆効果にもなります。もちろん、場合によってはスマートフォンで撮った動画を編集無しで完結できることもありますが、それは被写体やアイデアがよほど面白くインパクトがあった場合。多くの場合は目的にコミットするために「狙いすました動画」を制作することが大切です。

例えばスマートフォンだけでは撮影できない、しっかりと空間を演出できるカメラで撮影を行うことで、数ある動画との差別化をはかりつつ、視聴者をサービスの世界観に誘い込むことが可能になります。それとは逆に、機材はともあれ最も大切なのはアイデアだったりもします。「動画制作」は、簡単に見えて、とても奥の深いものなのです。

動画制作モスキーはお客様すべての、それぞれのケースに対して、オーダーメイドの、スペシャルな動画を制作いたします。技術はもちろん、アイデアも大切にします。


動画制作の主な手法・パターン

動画制作のパターンをわかりやすくまとめると、以下のパターンになることがほとんどです。
①実写撮影素材をメインとした動画手法
②静止画素材をアニメーションさせる動画手法
③上記二つをミックスした動画手法

①は広告動画だけではなく、企業VPや会社案内などに広く使われる手法です。サービスや発信者のビジュアルを実写で伝えることで、視聴者にとっつきやすさ、親近感を与える、とても効果的な手法です。通常「動画制作といえば実写撮影動画」と考える方が多いのではないでしょうか。

②は最近TVCMやWebCMでよく見る手法です。静止画素材をうまくアニメーションさせて、効果的にサービスの概要を伝える手法です。ナレーションとの相性も良く、オシャレに、スマートにサービスを紹介することが可能です。「自社サイトしか手持ちの素材が無い!」という場合でもそれなりに良い動画が制作できたり、撮影無しですぐに制作を開始できたりと、たくさんの利点があります。

③は①と②の良いところをミックスしたパターンです。

動画制作モスキーはもちろんその全てのパターンに対応いたします。


動画広告とは!? / 動画広告の持つ可能性

動画広告市場の成長には、破竹の勢いがあります。大手IT企業が発表したプレスリリースによれば、動画広告市場は 2019年には2,000億円、2022年に3,000億円を突破し、2023年には2.5倍の3,485億円に達するとされています。すでに、日本国内の広告費の内訳を見てみると、ネットの広告費がテレビの広告費を逆転し、上回るようになりました。 確実に時代は変わっていて、その流れはさらに加速しています。

おおげさな言い方ですが、2020年以降は 広告=動画(広告と言えば すなわち動画広告)というのが当たり前の世の中になるかもしれません。

動画広告といえばYouTube広告が代表的ですが、一言でYouTube広告といっても、いくつかの種類があります。※近年では 、YouTubeの他にも Facebookやtwitterなどのソーシャルネットワークでも動画広告が広く配信されるようになりました。

例えば Googleが「動画広告の俳句」と呼んだバンパー広告。これはスキップすることができない6秒以下の動画広告です。「6秒あれば記憶に残る!」の考えのもと、短時間でユーザーにアピールすることを実現。リーチを最大化し、短期間でブランド認知拡大を促すことができます。

もう一つが、インストリーム広告と呼ばれるもので、YouTubeの本編の前 または再生途中に表示される動画広告です。30秒以上再生された時点で課金されます(動画自体が30秒より短い場合は最後まで視聴された時点で課金)。近年は若者を中心にテレビ離れが進んでいることもあり、テレビを視聴しないネットユーザーへのリーチ補完としても大変有効的です。

広告の多くは、クリックすれば製品や企業サイトに飛ぶように設定されており、そこで商品の申込みや問い合わせにダイレクトにつなげることができることも、従来のテレビCMには無い大きなメリットの一つです。

テレビCMが一般消費者に広く配信されるのに対して、動画広告は消費者の性別や年齢、地域や趣味、つながりなどをセグメントして配信することができます。精度の高いターゲティングのもと 届けたい層に 届けたい広告メッセージを確実かつタイムリーに配信することが可能です。

WEBにおける動画広告はただ単に「テレビCMより予算がずっと安く済む」というような、お金の面だけではない魅力がたくさんあるということのご紹介でした。

動画広告を打ち出す目的はいろいろありますが、展開するにあたって、大半は「認知拡大」「販売促進」「ブランディング」という3つの目的に大別されます。

自社で動画広告を制作するという方法も考えられますが、クオリティーの低い広告や ユーザーに不快感を与えるような内容の広告は、反対に御社のブランドイメージを落としてしまうリスクもあります。

是非、多少の予算をかけてでもプロに任せることをオススメします。

モスキーは、目的に合わせて 最適化された動画広告を制作いたします。実績豊富なコピーライター・シナリオライターもおりますので、企画の丸投げにも全力で対応いたします。

「ハイクオリティーなのに、安価」それが我々の信条です。また、動画広告において「コンテンツの制作」と同じくらい重要な、広告の「運用」についても お気軽にご相談ください。全国的に実績多数の「広告運用代行の専門会社」とタッグを組んでおりますので、戦略的な広告の運用もお任せください。


企業VPとは!? / 企業VPの絶対的な必要性

「企業VP」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?(VPはビデオパッケージの略語)企業が特定の目的に使うために制作する映像のことです。最も多いのが「会社案内」や「事業紹介」。自社ホームページの映像版といったところです。その他にも、販路拡大等のためにイベントや展示会で流す映像・採用活動で勝つためのリクルート動画・営業ツールとしての活用など、目的は様々です。

YouTubeというグローバルなプラットフォームを誰でも気軽に使え、さらに今後は5Gの時代に突入となれば、今後 企業の成長のためには「動画をいかに活用するか」という戦略が必須になってくるでしょう。

インターネットがない時代は、会社案内はカタログやパンフレットといった紙媒体しかありませんでした。それが今では、自社のホームページを持たない会社はほぼ皆無といって良い状況に変わっています。同じく「企業VP」のない会社なんて無い!という時代が近い将来やってくるかもしれません。


SEOにも強い? 伝達のチカラは抜群? / 動画を活用するメリット

■動画があるページは、Googleの検索結果1ページ目になる確率が最大53倍
YouTubeはGoogleが展開するサービスです。Googleのアルゴリズムは、YouTube動画の埋め込んであるサイトを優先的に上位表示するという傾向があると言われています。

■動画は1分間でテキスト180万語の情報を伝達する力がある。

180万語=ウェブサイト 約3600ページ分に相当すると言われています。情報伝達する力としては、動画の圧勝です。文字を読むのが苦手な層にも、しっかり訴求できます。

■動画は50%が記憶に残る。文字で読んだ人は、22%しか記憶に残らない。
■平均滞在時間は文字のみのサイトが42秒、動画があるサイトは5分50秒

動画を見た人は、サイト内のテキストも時間をかけてよく読むという傾向があり、サイトの理解度、商品・サービスの理解度を飛躍的にアップさせる事が可能です。


モスキーは「動画制作」「動画広告」を中小企業、個人でも可能にします。

動画制作は通常、撮影、編集、音楽制作、ナレーション制作、イラスト制作などが分業制で行われるため、膨大な人件費(外注費)がかかり、その費用は天井知らずと言われています。ちょっとした動画でも100万円を超えるのはそのためです。現在はiPhone等のスマートフォンのカメラや編集アプリが発達しており、個人で制作できるじゃないかと思われる方もいるかもしれません。もちろん、それも可能です。しかし、企業やサービスの動画は企業の「顔」です。もし下手な動画を公開してしまうと、現在の目の肥えたユーザーからは「内部事情」が見透かされてしまいます。

動画制作モスキーでは、少数精鋭にこだわり、撮影・編集はもちろんナレーション・オリジナルBGM制作まで、 時には企画立案・台本制作まで自社で行うことが可能です。 だからこそ実現していただける「スピード感」「コスパ」「クオリティー」「フットワークの良さ」。今まで予算が無く手を出せなかった「広告動画制作」をモスキーが可能にします。

その手法は、時に同業者からは「非常識」と言われることもあるかもしれません。しかし、私たちはプロセスや手法よりも結果に基づいた「お客様ファースト」を第一とした姿勢こそが大切だと考えています。

まずは、あなたの「やりたいこと」を聞かせてください。「とりあえずのお問合わせ」大歓迎です。問合せや相談にお金はかかりません。もし予算に不安があれば、あなたにあった予算で最大限の努力をさせていただきます。是非お気軽にご連絡くださいませ。面白いものを一緒に作り、世界に発信しましょう!
moskey Main service
moskey Topics movie
株式会社ライズ「RIDEZ BIKER DENIM」
「魔入りました!入間くん」バンパー広告 6秒
株式会社ブシロード 新卒採用会社説明動画
DARTSLIVE 15周年記念 MV「Awesome」
健康管理能力検定 TV CM
マザー牧場 Facebook広告・駅ナカサイネージ
日本舌側矯正歯科学会 シンポジウム オープニング動画

お問合せはこちら
お問合せはこちら
HOME SERVICE COMPANY ACCESS
CONTACT

© moskey All Rights Reaserved.